社会保険労務士のホームページを検討中の方

社会保険労務士ってホームページが本当に必要なのか迷っていませんか? 社会保険労務士に限らず、事務所として営業している以上はホームページは必須になります。 むしろホームページのない事務所は、この先消えていくかもしれません。

では、ホームページを作るにしても、どこにお願いしたらいいのでしょうか?

ホームページを依頼する

まず、ホームページは何処に依頼したらいいのでしょうか?

1.制作会社依頼
2.フリーランスに依頼
3.自分で作る

ホームページを作る場合は、 大体この3つに絞られると思います。

【1.制作会社依頼】は、一番綺麗なホームページが作れてノウハウのあるので安心です。 ただし、制作費は、高額で最低でも10万円!高いと100万円くらいになると思います。 もし、予算に余裕があるなら迷わず、ホームページ制作会社に依頼しましょう。

次に、【2.フリーランスに依頼】ですが、こちらはホームページ制作で独立している方に依頼する方法です。 制作会社に依頼するよりも若干安く制作してくれることこが多いです。ただし、ホームページに関する知識は人によって大分違います。 ホームページ制作で独立するのは簡単で、あまり経験のない人が独立している場合もあるため、フリーランスに依頼する場合は慎重になってください。 もちろんフリーランスがすべて悪いわけではなく、そういった人たちは稀です。

最後に【3.自分で作る】方法です。 こちらは、ある程度ホームページに関する知識がなと難しいでしょう。 勉強しながら作ることもできますが、結局デザインも機能も中途半端になると思います。

ただ、もう一つだけホームページを作る方法があります。 それは「グーペ」を利用することです。

「グーペ」は、ホームページの知識がなくても簡単に自分で作れるサービスで、 社会保険労務士に限らず、多くの業種の方が利用しているサービスです。 自分で作ることに変わりはありませんが、「グーペ」の機能を使えば簡単にホームページが作れます。

費用に関しても制作会社に依頼するよりもずっと安く、初期費用が3,000円、月額費用が1,000円で済みます。 先程、制作会社に依頼すると10万円~100万円くらいすると説明しましたが、圧倒的に「グーペ」は安いです。

もし、費用をできるだけ抑えたいと思っているなら、「グーペ」を一度試してみてください。 15日間無料で試すこともできるので、気に入らなければやめて、制作会社にでも依頼すればいいのではないでしょうか?

社会保険労務士って何を宣伝すればいいの?

ホームページを作っても、何を書いたらいいのか分からない場合、 相手のことを考えてページを作っていくといいのではないでしょうか。

そもそも、社会保険労務士の仕事とは何でしょうか? そして、どういう悩みを抱えている方が社会保険労務士を頼ってくるのでしょうか? そういった方たちのために記事を書くのが一番いいでしょう!

あなたのホームページを見ただけで自分の悩みが解消するのが一番いい方法です。 そこから、あなたのホームページを信頼し、新たなお問い合わせも増えていきます。


ホームページ作成サービス「グーペ」