今のユーザーはスマホでネットを見る

つい数年前まではインターネットを使ってホームページを見るには PCを使う以外方法はありませんでしたが、スマホが普及して以来スマホでのネット利用率が PCを大きく上回ってきています。しかもその割合は年々高くなっていく一方です。

現在、ネットを利用しているユーザーの75%以上がスマホを使ってネットを閲覧しています。 特に10代や20代の若い世代はスマホ利用率が90%を超えています。 また、SNSの登場によりその割合はどんどん加速しています。

このままだとPCを使ってネットを利用する人は限りなくゼロに近くなるでしょう。 スマホだと、どこにいてもすぐにネットで調べることができるのですごく便利です。 スマホの割合が増えていくのも当然ですよね。

ホームページを作るならスマホ対応

もし新たにホームページを作りたいと思っているのであれば、必ずスマホに対応したホームページにしましょう。 上記でも述べたようにスマホでのネット利用率がPCを上回っているのでスマホを無視した作り方では見る人にとっても不便です。

いまだにスマホ対応していないサイトを見かけますがもったいないです。 スマホ対応しているのと、そうでないサイトではページを見てくれる時間も変わってきます。 見づらいサイトだとすぐに他のサイトへ移動してしまう人が多いからです。

具体的にスマホ対応とはどういうことか?

スマホに対応していないホームページというのは文字が小さくて見えづらくなっています。 いちいち自分で拡大しないと文字が見えないのはスマホ対応がされていないサイトだと思ってかまいません。 他にもいくつかありますが長くなるので割愛します。

スマホ対応のホームページを手に入れる

新しくホームページを作りたいけどスマホに対応させるには具体的にどうすればいいのかわからない人もいると思います。

そこで、「グーペ」というホームページ作成支援サイトを利用すればスマホに対応したホームページが簡単に 手に入ります。素人でも1日あればきれいなホームページが作れるでしょう。 あまりホームページ制作に詳しくない方にはかなりオススメのサイトです。

今、50,000人以上がグーペを利用してスマホ対応のホームページを手に入れています。 興味があれば試しに登録してみてください。


ホームページ作成サービス「グーペ」